第八回総合医療研修会

 

~2017年9月14日~
日本がん難病サポート協会主催「第八回統合医療研修会」が開催されました。トータル300名を越える大規模な研修会です。

※パンフレット画像クリックで拡大します。
会場は衆議院第一議員会館の大会議室。

総合司会には女優の甲斐まり恵さん
お迎えしてのスタートです!

開会のご挨拶

開会のご挨拶には、
口腔外科医学博士であり当協会の理事でもある、
齋藤道雄理事が登壇。

5名の講師による講演

お一人目の講師は、
株式会社フィートインデザイン
代表取締役、久保田敦氏。

オーダーメイドインソールのポテンシャルや、シューズ選びの重要性を中心にお話して頂きました。
インソールのパフォーマンステストでは、会場全体がその効果の凄さに驚愕。

続いて、当協会代表理事、並びに
株式会社HAREMUNE代表取締役の桑江
が登壇いたしました。

「薬酒BAR」をつくるに至った実体験に基づいた背景や、中医学をベースとした自然療法の重要性と
医学の歴史や薬酒の歴史、「未病」の段階から体をケアして頂くことの重要性などをスピーチさせて頂きました。

3人目はなんと
アメリカ航空宇宙局(NASA) の研究者
という異例の経歴をお持ちの
ウィリアム・ルー博士。

長年量子の研究をされており、今回非常に画期的なシステムを日本で初めて発表するべく、台湾からお招きしました。ほとんどの方がはじめて聴く、量子や音の世界の奥深さと、これらの人体への可能性についてお話下さいました。もっと聞きたかったというご意見も多く、時間の関係で今回お話し切れなかった部分は、また近日発表の場を設けることを計画しておられるとのことです。

小休憩を挟み、後半は
クリニック真健庵院長、星子尚美先生
からスタート。

ご自身が癌を患ったご経験から、医師として、それから患者としてのシビアな目線で、日本の医療の実態や、健康に対する正しい捉え方など、非常鋭く切り込んで頂きました。
これからは二人に一人が癌になる時代。健康、そして癌について、深く考えさせられます。

続きまして、ファイナンシャルプランナーの加納智氏による、生命保険のパワフルな活用法のご講演です。保険料の支払いの継続が困難になった際に解約を回避する方法や、癌治療に当てることができる生前給付金についてなど、知らなきゃ損する情報の数々を御提供頂きました。

パネルディスカッション

最後はこちらの4名によるパネルディスカッションです。

なんと三度の癌と潰瘍性大腸炎を自力で克服した経験を持ち、現在は軽井沢で断食道場を営み、日々癌患者と向き合っている松宮隆氏。

がん難病サポート協会の代表理事兼、当協会理事の坂井康起。

講師として登壇された
クリニック真健庵院長、
星子尚美先生。

ファシリテーターには、がん難病サポート協会サポーターの金子裕人氏が担当し、様々な議題で対談が繰り広げられました。

それぞれの豊富な経験で辿り着いた、食への考え、健康の概念、現代医療に対する
見解は切り口は違えど共通点が多く見られました。

「自分の体を守れるのは、医療でも医師でもなく自分自身だ」

という、非常に厳しくもシンプルな結論や、

「地球環境を守ることと、自分の体を守ることは同じことだ」

という、星子先生の言葉も非常に強く印象に残りました。

その後の質問タイムを経て、
対談は以上となりました。

閉会のご挨拶

最後にパネルディスカッションに参加された坂井理事長(当協会理事も兼務)によるご挨拶で、
無事四時間に及ぶ研修会が閉会しました。

懇親会

 

閉会後は同会館の喫茶室「マリーベル」にて懇親会。100名近くにも及ぶ非常に沢山の方々にご参加頂き、会場は大賑わい。

 

色んな所で名刺交換が行われ、お客様によるマジックの披露や、当協会からは薬酒をご提供させて頂きました。

大盛り上がりの中、がん難病サポート協会の名誉会長、佐野千遥様より閉会のご挨拶で解散の運びとなりました。